深呼吸と腹式呼吸は違う

こんにちは

本日は呼吸についてです。

深呼吸は誰でも想像がつくもの

深呼吸ときいてどんな事を想像しますか?

私は小さい頃から、ゆっくり長く息を吸いこむ事だと思っていました。

イメージ的には見出しの写真みたいな感じ?

 

肩を上げ、肋骨を開き、肺に入る空気を存分に感じる…

自然と長くはけて気持ちが落ち着きます。スポーツをしているときは試合前などにもよく深呼吸してました。

緊張しいなんでね、私…笑

 

大きく吸う、吐く以外に特に定義はないように感じます。

深呼吸は腹式呼吸と何が違うの?

腹式呼吸と深呼吸は似ていて多くの共通点があるのは事実です。

沢山のブログで「深呼吸」や「腹式呼吸」の説明を拝見しましたが、腹式呼吸の説明で「横隔膜」について必ず触れているということです。

腹横筋は写真で手を置いたちょうど内側にドームのような形の筋肉です。

深呼吸でも「横隔膜」が動くべきなのですが、胸まわりに言及する事が多いように感じます。

胸だけが拡張する呼吸は、横隔膜が動かずお腹への刺激がほとんどありません。

 

横隔膜が動かなければ、肺に入る空気は胸や肩の動きに頼りがちになり、肩がこります

横隔膜が動かなければ、内臓の働きは衰えがちになります。

横隔膜が動かなければ、リラックスすることが苦手になってしまいます。

呼吸がすべて

横隔膜がしっかり働いてくれることで、腹式呼吸が上手になります。

横隔膜以外にも、腹横筋、骨盤底筋…様々な筋肉の働きが必要ですが、まずは横隔膜だと思います。

どんなに長く吸おうと、長く吐こうと、リラックスしようと、横隔膜が動くとは限りません。

働かせるためのエクササイズは多々存在しますが、専門家の監修が大切です。

 

一度手に入れば、

1日約2万回

1年で約730万回の呼吸が高い質で行われることになります。

 

その効果は

肩こりや腰痛の解消

エクササイズ中の怪我の防止

お腹や背中がすっきりする

姿勢がよくなる

ホルモン分泌が改善し、気分が上がる…

など、様々つながります。

※個人差があるので、必ずそうなるわけではなく「可能性」の範囲です。

 

一度、ご自身の呼吸を見直してみてはいかがですか?

お手伝いさせていただきます。

 

スタジオBasic北松戸

お問い合わせはこちら