筋トレの基礎を学ぶ

こんばんは!

千葉県や東京は赤坂でインストラクターとして活動している、竹内恵です。

 

6月7日㈭は月に1度の勉強会でした。

ウェイトトレーニングについて

お題はずばり筋トレ!!

ウェイトを使用することを前提に、ベーシックであらゆる筋力や体力に応用のきく

メニューについて学びました。

講師の五木田さん

以前は160キロでスクワットしていたとか…私3人分強…

そして横から真剣に見つめる私

 

 

実技研修はスタジオレッスンでも指導している

デッドリフト

ベントオーバーロウ

スクワット

ベンチプレス

ショルダープレス

 

この5種目でした。

1つずつに行う意味がある

 

正しいフォームとカラダのどこに効いている感じがあるか、コアが抜けていないか⁽お腹の周りの安定性⁾などをチェックしあいながら、ひたすら修正を行いました。

写真のように、胸をはりながらお腹に圧力を高めて前傾位でダンベルをひく
「ベントオーバーロウ」は、背中の筋肉の中でも面積が大きい「広背筋」という筋肉が鍛えられます。姿勢がきれいになりますし、猫背解消も期待できます。

小柄な女性でもしっかりした重さが使えるメニューです。

どこにきいてるか本人が感じること

 

今回改めて感じたのは、直してくれる人がいるとカラダへの刺激がMAXになるということ

どんなに上手に行える人でもパーフェクトなポジションで行うことはなかなか難しいものです。

だたパーフェクトにハマッた瞬間に感じる「効いてる!!」という感覚は感じていただきたいなと改めて思いました。ただ「きいてる!気持ちがいい」という感覚はやみつきになりますよ!

そして結果として、しまったカラダを手にいれられる!

特にお尻が上向きになるには、デットリフトが欠かせないと思いました。秘密を知りたい方は直接竹内まで(笑)

 

 

でもそれを邪魔するのは「筋力の弱さ」ではなく「柔軟性の低下」=「硬さ」にあります。

フォームを修正してもらって、すぐに改善できるためにはカラダの柔らかさが必要です。

いかに目的にたいして効果をだすか

一般の方のほとんどは、筋肉をつけて何か他の目的を達成したいのだと思います。

 

引き締まってみせたい

代謝をあげたい

全体的に体力をあげて疲れにくくしたい

 

などなど…

とにかくやるからには効果をだしていただきたい。

そう感じた1日でした!

 

それではまた来週!

Have a good weekend!!

お問い合わせはこちら