竹内恵のBefore➡After

こんにちは

千葉県や東京は赤坂でインストラクターとして活動しております、竹内恵です。

 

突然ですが、これは誰でしょう?

はい。私です。

では…こちらは??

 

はい。私です…

7年前です。ワウディーというフィットネスクラブに社員として入社した直後です。体脂肪率は34%で、今より10キロ重めでした。結果はもちろん『肥満』

 

自分の体が嫌いで仕方ありませんでした。

 

なぜ太ってしまったのか

私の場合、10代から夏に痩せて冬に太るというサイクルを続けていたため抜け出せなくなってしまっていました。それといつまでも大量に『食べる癖』が治らなかった…具体的には『甘いもの中毒』です。食べたいくせに食べた直後に待つのは胃もたれと罪悪感。当時は当たり前に思っていましたが、今考えると辛かったなと思います。

心地よい活動を増やす

甘いもの中毒に陥る原因のひとつに、ストレスがありました。食べている時は多少紛れるイライラ…これを自覚してからは、紛らわす方法を他にも考えるようになりました。運動は元から好きだったのですが、特にエアロビクスのレッスンにハマってよく参加させていただいていました。心の底からスッキリする感覚や、幸福感が大好きでした。あの時自分をレッスンの素晴らしさに引き込んでくれたインストラクターの方々のお陰で、今があります。そしてヨガのインストラクターの養成講座で、心の感覚の心地よさも学ぶことができました。

ファスティングで感じたこと

自分の『食べ方の癖』に気づいた時くらいに、ちょうど社内で『ファスティング』のイベントが行われ私はモニターとして参加しました。3日間の断食(天然の酵素ドリンクのみ摂取)と前後3日の準備・回復食により体重は減りましたがほぼ水分だったと思います。

ただ、食べない方が内臓や頭の働きの調子がいいということと、ファスティング直後の食べ方の違い(たくさんの量が食べられない)を感じることができ、食べすぎない方が楽なんだろうなぁと身をもって実感しました。その後も食べ方が酷くなってくるとファスティングを個人的に行い、軌道修正していました。

※ファスティングはやり方により体に危険が及びますので、専門知識のある方と行ってください!

 

痩せる必要性を考えた海外生活

今考えればもう痩せる必要がないところまできていた2年前(体重55キロくらい)、まだ『痩せたい』と思っていた頃にニュージーランドで生活を始めました。ひとたび海外にいけば私はただの『ちっちゃい日本人』。

もう痩せる必要ない。

痩せるためにトレーニングをするのはやめよう。

と心に決めました。それからは歪みを正したり綺麗に動けるためのトレーニングに変化していき、勝手に自分につけた『太っていてダメ』というレッテルも自然になくなりました。痩せたい方には本当に痩せる必要があるのか、ぜひ考え直してもらいたいです。

結局何をしたら痩せるか?

太ってしまった原因は人それぞれでひとつではないかもしれないし、痩せる方法も世の中沢山あります。夏に痩せ冬食べまくる私がレッスンに出会い、ファスティングに挑戦し海外で考え方が変わったように、変わり方も人それぞれです。何年も前からの自分の癖に向き合い、

なぜ痩せたいのに痩せない方向に突っ走っているのか

理由を探し何かに挑戦するたび、軌道修正していくことが大切だと学びました。

 

そして今夏の目標は

痩せないこと

 

痩せる必要はなくても、私の体は課題だらけ…修正は続きます。

 

あなたのこの夏の目標はなんですか?一緒に修正していきませんか(*^^*)

 

 

See you soon.

お問い合わせはこちら