痩せてノースリーブを着たい方へ

こんばんは!

千葉県や東京は赤坂、銀座でスタジオレッスンやパーソナルトレーニング指導を行う、竹内恵です。

二の腕と背中が気になってノースリーブが着れない

今の時期、薄着になると体型が気になりますよね…ではエクササイズ中はどうでしょうか?どんなウェアを着ていますか?

 

今日はエクササイズウェアについてです。

実は誰も見てません!!

たるんだ肉が恥ずかしいから、ノースリーブを着れず、だるんとしたウェアを着ていませんか?私は今より10キロ痩せる前はピチッとしたウェアは着られませんでした…

引き締まった人しかノースリーブを着てはいけないという決りはありません。でも暗黙の了解のような『感覚』はあるかもしれません。でもその感覚って、日本人特有ってご存じでしたか?

すごく大きな人も海外では気兼ねなくノースリーブを着ます。なぜ海外では着られるのかというと、『そういうもんだから』です。

ではジムやスタジオではどうか?『あの人腕太いくせにノースリーブ着ちゃって』とか言ってる人、今まで聞いたことがありません。むしろ『誰もが腕を出していい場所』という暗黙の了解があるような気すらします。気にしているのはいつだって自分だけなんですよね…

Tシャツが一番太ってみえる

だぼっとしたウェアほど、太って見せる方法はありません。毎回鏡で見ていると、自分の中で『ふわっとした体型の自分』が無意識に刷り込まれてしまいます。

逆にラインがわかるレギンスやタンクトップなどは、体のメンテナンスを行う意味でもオススメです。少しの頑張りがそのまま結果として目に見えるからです。これは前日に塩分や糖分を控えた程度でもよくわかります。

一度腕や足を出してしまえば、今までの恥じらいはなんだったんだというほど気にならなくなりますよ!

人と比べない

あの人の方が私よりスタイルがいい!

と思うような人が何人かいるかもしれません。その方のスタイルを意識すると余計にウェアを着るハードルが高まってしまいます。

そんなときは思い出してください。

あの人と自分の腕の引き締まり具合を比べてあなたをけなす敵は、あなた自身

だということを!!特にジムやスタジオとは、体を変化させるために作られた空間です。初めから作り上げられた肉体を見せびらかす場所ではないですからね…

可愛らしいウェアをゲットしにGO!

スカートなどと違って、多少きつくてもストレッチ素材で着れちゃうのがエクササイズウェア!今の時期はピッチリなレギンスやタンクトップがやっぱり一番お洒落だと思います🎵

 

痩せるまでは…なんて言ってないで今すぐ買って『ノースリーブを着たい』という目標を早く達成しましょう!

 

See you soon.

お問い合わせはこちら