映画ボヘミアンラプソディに感動しました。

こんにちは!

千葉県や東京は赤坂、銀座で朝ヨガや朝パーソナルトレーニング指導を行う、竹内恵です。

日曜日にボヘミアンラプソディの映画を観てきました。伝説のロックグループであるQUEENのヴォーカルの生き樣を描いた作品です。

 

音楽のパワー

覚えやすいメロディーに、のりのよいリズム…QUEENのことは正直よくわからなかったけど、学生の頃から楽曲はよく歌ってました。なんていうか…歌いやすいんですよね✨

特に私はハーモニーが好きなので、QUEENのように高音まで幾重にも重なった歌声の響きが自分の体に入ってきてゾクゾクします。

目を閉じて音を感じる

人の五感には視覚(光)・聴覚(音)・嗅覚(匂)・味覚(味)・触覚がありますが、音や匂いが即座に気分を変えてしまったという経験は誰にでもあるかもしれません。

好きな歌はいつ聞いても気分がよくなるし、好きな食べ物の匂いは食欲を刺激してくれます。

視覚から入る情報はインターネットやスマホなどから過多になるため、聴いただけで『気分が上がる』『落ち着く』『元気が出る』そんな曲があると、気分転換になります。

私自身も出先でお気に入りの曲が流れると気分があがります!

パフォーマンス力に驚愕

映画のラストは圧巻のライブ場面なのですが、本物の映像はみたことがなかったので映画をみた後、YouTubeでみてみたんです。

そうしたら、あれ?映画のライブって本物だったのかな?って思うほどそのまんまで…

とくにすごかったのが、ヴォーカルのフレディを演じた俳優のラミ・マレットがフレディにしか見えなかったこと…

ラミは振付け師ではなく、ムーヴメントコーチが必要だったと言ってます。動きを覚えるんじゃなくて、フレディの動かし方をまんま覚えたいということですね!なんだか、トレーニングにも繋がっていて、嬉しくなりました(笑)

気になる方は観に行ってみてくださいね(*^^*)

 

それでは

See you soon.

お問い合わせはこちら