海外旅行で英語を使いこなす方法

こんにちは!

赤坂茜山スタジオ、銀座花道スタジオでパーソナルトレーニング指導や朝ヨガ、ズンバを行う、竹内恵です。

昨日、ことりっぷの海外旅行用の英会話版を買ってみたら、とっても実用的で中身も可愛くて…

最近の出版物って本当にすごいんですねー!!(オバさんぽくてすみません笑)

そこで今日は、海外旅行と英会話の本の活用方法のポイントをご紹介します!

本番で英会話本は使えない

音楽の授業で教科書をみて歌っていい場合と、コンクールなどの『本番』に備えて早く覚えて見ないで歌いなさい。と言われた場合がありませんでしたか?

英会話はどうでしょうか?

本番は外国人との会話

練習は日本での勉強

です。分けて考えたことがありますか?どんなに沢山勉強しても、カンペは本番で使うことができません。本を開いている間に、会話は流れてしまいます。

本を音読する』までなら独学でも可能ですが、『本を見ない』レベルで練習するには、相手が必要です。海外留学で会話力が伸びるのは、毎日練習の相手であふれているからです。

使いたい表現を準備する

この英語表現、本番で使う!と決めてしまえば本番では必ず使う場面がきます!!

たとえば空港からタクシーでカフェに行くとします。空港スタッフにタクシー乗り場の場所を聞く方法、タクシーに乗ったときのドライバーへの行き先の説明や、カフェでのオーダー方法など…初めのひと声はあなたからですから、準備できます。

旅行では限られた期間で、ある程度計画した行程を組むのでどんな英語表現を使うのか予め計画可能です。最初から臨機応変に使いこなそうとせず、少しずつの体験を積み重ねていきましょう。

日本語から訳さない

先日ちいさな女の子がお店でオマケもらい、お父さんに『何て言うんだっけ?』と諭されているのを見ました。

母国語がまだおぼつかない子供は『ありがとう言う場面』『ごめんなさい言う場面』という様に場面ごとに言葉を覚えていきます。

ですが私達は『ありがとうってなんていうんだっけ?』という風に日本語から英語に訳します。

日本語➡英語ではなく、場面➡英語という覚え方で本番で思い出す可能性が高くなります。

たとえばある場所の行き方がわからない場面では『How can I get to ○○?』と言えば教えてもらえます。

距離がわからなければ『How far?』と聞けば、どれくらいかかるかなど教えてもらえます。

あくまで練習材料として会話本を活用しましょう!

実際に練習してみませんか?

こうした旅行でもっと英語を使いたい方向けに、練習をメインとしたイベントを開催します。

1月19日(土)

8:00~10:00

海外旅行で役立つ英会話

場所:銀座花道スタジオ

参加費:3000円(税込)

お問い合わせはこちら

ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください(^^)