体型をコントロールするもの

こんにちは!

そろそろ夏🎐コロナ太りで体型を気にしている方も多いのではないでしょうか?

今日は10年前まで今より10キロ以上重たかった私の経験を交えた、体型づくりについてお話させていただきます。

ダイエットの基本

消費カロリー(生命を維持する、体を動かすために使うカロリー)が、摂取カロリー(飲食で摂るカロリー)を上回らなければ、脂肪は減りません。

いくらダイエット食品をとってカロリーコントロールしようと思っても、食べたカロリーが使ったカロリーを上回っていれば痩せません。万が一痩せても健康を脅かしている可能性があります。

感覚とは曖昧なものです。食べていないのに痩せないなど、数値的にではなく自分の感覚で『訳もわからず太った』と思いがちです。

しかし、カロリーコントロールのできている人は太りません。まずはいつもの食事といつもの活動をカロリー計算をすることで、なぜ痩せられないのかを明確にしましょう。

体型維持の基本

消費カロリーが摂取カロリーを上回って体重が減っても、関節を動かさずに、じっとしていると、体重は減り体型はくずれてしまいます。一見痩せてもお腹やお尻が緩んでしまうのは、周辺の動きが足りないからです。

内臓周辺の脂肪は特に大切な内部を守るため燃焼にしくい傾向はありますが、それよりも関節を動かせていないのが原因です。

SNSなどで奇抜なエクササイズや、耳障りのいいダイエット方法が絶えず流行りがちですが、なぜそんな一発屋のような流行が止まないのか?その理由は…

適度な運動とバランスのとれた食事が1番確実に痩せる方法だという現実が、あまりにも地道な理論だからです(笑)

私も経験者なのでわかります。

適度な運動とバランスのとれた食事で変化を感じられるのは数ヶ月後ですが、一気に痩せられる方法にどうしても頼りたくなりますよね。しかしながら、これ以外に健康的で継続的なダイエット方法はないんです。

精神状態は整っているか

ではなぜ、健康的で継続的なダイエットを続けられないのでしょう?

まず考えたいのは生活習慣です。料理する時間もないほど忙しい…仕事上会食ばかり…など、ちょっとの努力ではなかなか変えられない部分ではあります。

2つ目は運動不足です。とにかく動かない。デスクワークで歩かない。コロナで更に動かなくなった。そういった方は意識して動かなければ、絶対に体内に余分なエネルギーがたまってしまいます。

最後に精神面です。ドカ食いしないとストレスが発散できない…すぐにでも痩せて自分に自信がほしい…運動する気が起きない…など、そもそも健康的な生活を送れていない場合もあります。

精神的に安定している状態でないと、ダイエットを長期的に成功させることはできません。自分の行動をコントロールするには、強いメンタルが必要です。

明日はそんな、メンタルについて書きたいと思います。

それではまた

お問い合わせはこちら