先天性股関節脱臼の精密検査にいってきました

こんにちは

久しぶりの投稿になってしまいました

娘も3カ月になり、笑ったりしゃべったり賑やかになり始めました。

 

これからは、出産時に感じたことや産後のからだのケアについて、経験したことをブログで紹介していく予定なので

ぜひご覧ください!

 

発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)

私のクライアントにも股関節脱臼している方いらっしゃいますが、痛みや歩きにくさを感じてはじめて脱臼していることに気づいた方が多いようです。現在は幼いうちに治療を始めれば治りやすいため、生後3ヶ月くらいで脱臼していないか検査するのが一般的です。

股関節脱臼は女児、逆子(骨盤位)、家族歴、向き癖などがあるとおきやすく、お腹の中ですでに脱臼している場合もありますが(先天性)、その後の発育で脱臼してしまう(発育性)ことが多いのだそうです。

娘も女児、逆子、向き癖と条件が重なってしまっているうえ、検診では股関節の左右のシワが非対称だということでひっかかり…大きな病院でレントゲンをとり、診察をしてもらいました。

それまでご機嫌だった娘も、いきなり大きな機械がカラダに近づき大泣き…かわいそうだなと思いつつ今後のため。

結果、脱臼はしていませんでした。

あーーよかった…ただ

骨盤と太ももの骨が合わさる部分の骨盤の角度が急な形なんだそうです。

逆子ちゃんだとそういう形状になりやすいらしく、今後も脱臼はしやすいということです。

 

もともと条件的に娘が股関節脱臼しやすいことは知っていたので、抱っこする時は必ず股関節を開いてもらうよう(Mの字をつくる通称・コアラ抱っこ)夫にお願いしたりして、注意をしていました。そのかいあって、股関節の開きは問題なし。

向き癖があると、仰向けのときその重みで向いた逆の足が引っ張られて股関節が閉じやすいのですが、娘も生後まもなくは立て膝に近い状態だったので、仰向けにさせたら必ず膝を開いてあげるようにしていたら膝がほぼ床につくようになりました。

そんな話をしていると

「お母さんがそうやってくれると助かるんだよー。もしかしたら脱臼してたかもしれないからね。これからも気をつけてあげて」

と言われました。心配していた分、安心と今後の不安でちょっと泣きそうになりました…笑

装具をつけた治療などは必要ないけど今後も脱臼する可能性はあるため、6月に再検査があります。

検査を終えて帰宅した時の娘…おつかれ!!

 

不安になるのは当たりまえ

股関節脱臼については、専門書などももっているのですが、まさか自分の娘が関与するとは思いませんでしたし、コアラ抱っこが予防法だということは、向き癖についてネット検索している時にたまたま日本整形外科学会のページがでてきて知りました。

世の中のお母さんは、お子さんの異変をネットで調べて不安になることも多いと思います。私も日々調べまくっているため、SNSに関連商品があがりまくって迷惑しているくらいです笑。たまにそんなの気にしないで、ゆったりした気持ちでお母さんが子供に接すればいいとか聞きますけど、それは違うと思うんですよね。

 

実は生後すぐから、ことあるごとに確認していて…

・1週間検診(低体重だったため)

・1ヶ月検診

・保健師の自宅訪問

などで、股関節脱臼の疑いがあると思いますが、どうですか?

と聞きましたが、「いや、普通に開きますし問題ないです。」「問題なさそうですよ。3ヶ月検診がありますから詳しくはそちらで…」

などと言われました。

 

結局、不安はぬぐえず私は股関節脱臼の予防法についてよく調べましたし、やり方に関わらず抱っこ自体もほどほどにしていました。

気になったら調べて、本や専門書をみて、専門家を訪ねて…不安になるからこそ考えて行動する。

誰か1人やどこか1つの機関の言うことだけを簡単に信じないということも大事だと思います。

親なんだから、こどもの病気やけがに対して不安になったり迷ったりするのは当たり前だと思うんですよ。

 

ネットだろうと、専門書だろうと、自分自身がよく考えて知識を取り入れて実際に動くことは、不安になることをおそれて何もしないよりずっといいと思います。ただラクして無料で、いつも情報をとろうとすると、情報は偏る傾向があるんじゃないかと感じています。

 

股関節の働きを考慮して、日々の習慣をつける

股関節脱臼を防ぐために必要なのが、脚をひらくことです。

そして逆にやってはいけないのが、脚をとじること(とくに伸びた状態で)です。

膝と膝をくっつけ合わせ用とする働きが内転、内股にして膝を内側にむけようとするはたらきが内旋とよばれます。

この内転と内旋に必要な筋肉をよくストレッチさせておくことで、脚を閉じてしまうことを防ぐことができます。

おむつを変えたときに、脚がM字になり開く余裕があるか確認をしたり、内転や内旋の筋肉を伸ばしながらM字にストレッチすることで、脚をひらくこと自体が赤ちゃんにとっても自然になります。

 

自然になれば、無理にストレスをかけるような働きかけをせず、おのずと理想的な姿勢へ、日常的に癖をつけてあげることができます。

赤ちゃんは言葉が通じないため、理屈が通りません。こうしなきゃだめとか、こうした方が後々いいとか、そんな事が伝わればラクなのですが…

知恵をしぼり、いかにスムーズに心地よく変化を加えるか…骨が折れますよね。

でも脱臼は左右の脚の長さを変えてしまい、腰痛などの大きな原因となるので何としても阻止しなければなりません。

そして彼女がもって生まれた骨盤の特徴をこれからよく勉強し、脱臼以外にもおきうる怪我があれば備えておこうと思います。

 

股関節の問題について、もしご興味があればお問い合わせお待ちしています。

お問い合わせはこちら

 

次回からは、出産や生後の検診などについて更新していきたいと思います♪