生後1ヶ月までに受けたアドバイスとその後

こんにちは

 

生後6ヶ月エミリーの子育てとパーソナルトレーニング指導に奮闘する、竹内恵です。

私が出産前後に、市や産院の担当者さんから頂いたアドバイスと経過について、半年たって思った事をまとめてみました。

向き癖から斜頭になってしまった

エミリーは私のお腹にいた頃から右を向いていたようで、生後も常に右を向いて寝ていました。おっぱいを飲むのも左向きが苦手。

不安になった私は助産師さんにきいてみることに。すると、「よくあることだから大丈夫」という返答でした。

その言葉を信じた私は、退院後もひたすら右向きで寝るエミリーをどうにかするつもりもなく…そして1ヶ月になろうとする頃に、頭の形が傾いている事に気が付きました。

ちょうどその頃に市のサービスで保健師さんが訪問してくれたので、聞いてみることに。その時は、タオルを頭右側において左しか向けないようにする方法を教えてくれました(既にその方法は調べてやっていたのですが笑)。そして最後に一言「ハイハイが始まると綺麗な頭の形になるコが多いですよ」と。

旦那も私もホッとしました。

そして半年が経ちましたが、傾きがひどい😱ハイハイ始まってないけど、これからすごくよくなる可能性は低いらしい…色々工夫したつもりだけど…足りなかったのね、きっと。

安心してしまった自分に喝💦いまさらながら、ドーナツ枕使い始めました。(窒息の可能性もあるので慎重に使っています)

体重と過飲症候群

出産時の体重が2470gと小さかったこともあり、通常1ヶ月後の検診が1週間検診になりました。ところがその検診で規定より増えておらず(おっぱいがまだ飲み慣れてなかったのと、よく寝るコだった)、翌週も再検査に。

保健師さんには、もっとミルクを足すようにグラムまで指示されましたが、そもそも私母乳がですぎて入院中痛みがでてしまう程だったもので、しばらく直でおっぱいを飲ませるのはやめて、ミルクではなく搾乳で哺乳瓶から母乳を飲ませるようにしました。

今度は飲んでも飲んでも足りなくなって泣くように。欲しがっていないのに無理くり決められた量を飲ませる必要なんてあったんですかね?でも、体重が増えていたので、再検査はあっさり終了。

健診の何が辛いって待ってる時間に泣かれた時ですよ…うちは初回も再検査でも泣いたんですが、どちらも空腹で…でも予約時間30分前には吐くといけないので飲ませたらNG。

産後1週間で疲れもある中でワンワン泣かれて、また来週も来いと言われた時のストレスったらなかったです。

吐いても欲しがると相談しましたが、「吐くってことは量は足りてるから、他の方法であやすしかない」と言われてしまいました。

先天性股関節脱臼

逆子、女児、向き癖あり、と股関節脱臼の要因だらけだった我が子。出産時から心配だった私は助産師さんに相談しました。

頂いた答えは「気にする必要ない」でした。たしかに逆子の女の子が全員脱臼するわけじゃないし、わかるんだけど…

納得のいかなかった私。調べまくりました(笑)

詳細はこちらから→先天性股関節脱臼の精密検査にいってきました

人のせいにしていた

子供の成長に関して、豊富な知識と経験をもとに真摯に助言をしてもらったと思います。

ただその後会う事もなく、別のアドバイスがなかったのかと後で指摘をする訳でもありません。

正しい知識をもった専門家の言うことであっても、あくまで参考にしながら頂いたアドバイスを咀嚼して、子供の様子をみながら親の責任でそのアドバイスを実行することが大切なんだなと強く感じました。

産後の不安も相まって、誰かに大丈夫だと言われたいという想いに偏りがちだったかなと反省しています。

頭の形も股関節も、これからも調べて工夫をしていくし、栄養の管理もしていきます。

でもやっぱり1人では無理があるから、専門家の意見が必要なんですよね。人のせいにせず自分の責任で、その意見を反映するか考えていこうと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

お問い合わせはこちら