歌うように学ぶver.3

こんばんは

赤坂茜山スタジオでEnglishYogaを開催している竹内恵です。

 

今日はこちら

こちらをクリック

P!nk の

What about us

ファイドウ#64のクールダウン曲でもあり使用されているところだけ抜粋しました。

どんな歌なのか

usというところから、恋人にむけた歌なのだと思い込んでましたが、赤い文字に注目!

You sold us『あなたは私達を売る』 となっており、どうやら1:1の話ではなさそうです。インターネットでは、テロリストへ向けた歌なのでは。という解釈もありました。

テロリストの家族など親しい人々が、テロを起こす前の幸せな日々を思って歌った曲。と思うと、そう考えられなくもないですね…

では歌詞をみていきましょ~

We are searchlights, we can see in the dark
We are rockets, pointed up at the stars
We are billions of beautiful hearts
And you sold us down the river too far

私たちはサーチライト、暗闇でも見える
私たちは星に向かって打ち上げられたロケット
私たちは何十億もの美しい心
でもあなたは遠くの川沿いで私たちを売り飛ばしたの

What about us?
What about all the times you said you had the answers?
What about us?
What about all the broken happy ever afters?
What about us?
What about all the plans that ended in disasters?
What about love? What about trust?
What about us?

私たちはどうなるの?
あなたが答えを持ってると言っていたのは何だったの?
私たちはどうなるの?
壊れた幸せな結末はどうなるの?
私たちはどうなるの?
悲惨な形に終わった計画はどうなるの?
愛はどうなるの?信頼はどうなるの?
私たちはどうなるの

 

What about ~?

『What about ~』はよく使われる表現です。例えばなにか議論中に『What about you?』と聞かれれば、『君はどう?』という意味になります。『How about~?』と学生時代に習った記憶のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

『What about』と『How about』の意味あいはほぼ同じように使われます。

 

例のごとく、聞こえにくい部分が言えるようになるまで分解して歌えるようになるまで唄っていきます。

ザビの『What about』から長めな3行をご覧ください。

 

What about all the times you said you had the answers?

all the time =いつも

time  主語と動詞=主語と動詞の頃

What about all the broken happy ever afters?

ever は強調したい言葉の前につけるので、after=その後 を強調しています

broken=壊れた、壊された

What about all the plans that ended in disasters?

end in ~ 『~な結果に終わる』

disaster『惨劇、悲惨』

 

これでいつWhat about~?

と聞かれても、最後だけ聞き取れればバッチリ意味がわかるようになりますね❗

 

それではまた明日

See you tomorrow!!

お問い合わせはこちら